丹田が大切!

普段、私たちは氣の身体を意識はしていないと思います。
でも実際、私たちの身体は肉体だけでなく、エネルギー体でもあるのです。

そしてエネルギー体としての身体で特に大切なのが「丹田」というところ。

聞いたことがあると思います。

日本では伝統的にこの丹田を鍛えていました。

着物を着た時に帯が当たるところが丹田の位置です。

肚といったりしますが、
下腹部の奥にある丹田が、生命力の根源といえます。

歌舞伎や狂言をみていると、
足を擦りながら、舞台を移動しますが、
そのとき丹田をしっかり落として、動きます。

この丹田を起点にして身体を動かすと、
物理的な肉体で動くのとは全く違った次元の動きとなります。

滑らかであり、安定した動きです。

この丹田は、臓器といったものではないので、
イメージで動きます。

丹田を鍛えるのに、一番いいのが、
相撲の四股です。

お相撲さんが土俵でやっていますが、
実際にやってみると、できそうで、なかなかできないもの。

無料イラスト] 四股を踏む相撲力士 - パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集


四股を踏むと、下半身が鍛えられ、安定します。
そして丹田が鍛えられ、氣が充実するのです。

皆さんも、ちょっとやってみたらいかがでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

緊急のご案内