【巣鴨エリア】指圧なら、1日5組の癒し整体『氣心庵(きごころあん)』心も整います!

院長プロフィール

ココロまで軽くなる施術あります。

お急ぎの方はお電話で:050-5242-4135

プロフィール

説明

田村雄司(氣心解放師)

◆実績

・延べ2,000人以上の臨床経験から、心(感情)がコリをつくっていることを発見。
・慢性的なコリを抱えている人のふたりに一人が、心に問題を抱えている。
・体だけでなく、心のコリまで解放する氣心解放セラピーを編み出す。

◆経歴

・1958年3月11日生まれ(東京タワーができた年)
・栃木県足利市出身(渡良瀬川の流れる北関東の田舎町)
・18歳で故郷を離れ、千葉で大学生活を送る
・23歳のとき、東京で出版社に就職
・24歳で結婚、一男一女をもうける
・出版社、印刷会社を経て、31歳の時に広告会社に転職
・広告会社では大手飲料メーカーの販促・制作業務を長く経験した後、総務経理・経営企画等管理部門を経て、55歳で退職
・43歳のときタオ指圧に出会い、氣の経絡療法師となる
・50歳のとき、コーチング(現チームフロー)に出会い、その後カードを使ったコーチング・ライフペイジズの認定コーチとなる
・2013年4月、氣心庵を開院
・うつなどのメンタル疾患の方向けのマインドフルネス心理療法相談員となる

*ドリプラジオ出演

「あなたの夢は何ですか?」をキャッチフレーズに『夢への応援の連鎖が奇跡を作ること!』を伝えるインターネット・ラジオ局のドリプラジオに出演しました。
「ドリプラジオ for your smile@tokyo」

◆好きなもの

・小豆が大好きです。
・お酒は、体質的に弱いです。(でもビールののど越しはたまりません)
・野球は巨人ファンです。
・サッカーは浦和レッズファンです。(埼玉に住んでいるからもあります)
・サッカーは、35歳から始めました。(最近はさぼり気味です)
・髪の毛は、自分でカットしています。
・山歩きが好きです。(最近は低山ハイク中心です)
・木のぬくもりが好きです。
・針葉樹の香り(フィトンチット)も好きです。
・好きな色は、山吹色です。
・犬も猫も好きです。
・孫がいます。
・パソコンは、苦手な部類です。
・好きな作家は、藤沢周平です。
・好きな歌手は、中島みゆき、荒井由美(松任谷由美)です。
・合気道をやっています。
・海を見るのが好きです。
・鎌倉の長谷寺の十一面観音に恋しています。
・身体は柔らかい方です。(むかしから)
・早寝、早起きを基本にしています。
・テレビはあまり見ません。
・都内は自転車で移動します。

◆開院した理由

末っ子で生まれた私は、
口下手で内気な子供でした。

両親とも仕事で忙しかったので、
構ってもらった記憶があまりありません。

寂しがり屋でしたが、
甘えることができずに、
心に葛藤を抱えて育ったようです。

自分を上手に出せず、
周りとうまく協調していけない自分がいました。

自分が傷つきやすい性格だったので、
他人の心の痛みにも敏感でした。

小学生のとき、
いじめられている友達を、
ただ黙って見ている自分がいました。
心が痛みました。

そんなとき、自分がいじめられたのです。
でもその時は、S君が自分をかばってくれました。
「助かった」って思いました。
その場面が、今でも心に焼き付いています。

自分ができなかった
「人が苦しんでいるときに、助けてあげること」、
おさな心にその思いが強く刻まれました。

やがて大学を卒業して会社勤めをし、
結婚をし、子供をもち、一人前の社会生活を送っていました。

でも心の奥にはいつも、
本当にこれでいいんだろうか?
という疑問符が浮かんでいました。

一生をかけてやりたいことは何か?
自分が生まれてきたことの意味とは?
そんなことを考えつづけていました。

そして出てきたのが、幼いころに思っていた、
苦しんでいる人を癒すこと。
とてもシンプルな答えでした。
自分という存在を通して、他の心と身体を癒すということ。

仕事をしながら、40代になってから指圧を学びはじめ、
さらにコーチングやカウンセリングも学びました。

そして子育ても終わり、
新たな人生のスタートを切る決意をしたのが、
55歳の春でした。

人生に遅いということはなく、
自分が思い立った時が、
最善の時なのだと思います。

多くの人が癒され、
自分の人生を選択し、
自分の力で歩んでいく手助けができたら、
それがもう亡くなってしまったS君への
ささやかな恩返しになると信じています。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional